Xenos Project湾鉄調査部西鉄宮地岳線車両ひとつまえにもどる


120形

120形

 1958(昭和33)年から製造された元大牟田線20形。宮地岳線には1978(昭和53)年から転入してきて、1991(平成3)年には全車廃車されている。宮司郵便局の風景印にもなったとされている。

 前面の窓が大きい印象がある。湘南電車と呼ばれた国鉄80系電車に似た「湘南窓」と呼ばれる意匠らしい。なお、同時期に導入された大牟田線1000形も前面デザインは同様の形をとっている。

 片側2扉(片開き)でロングシート。すべての電動車にパンタグラフが1機ずつ載っている。

 木製車モ1形とク50形を鋼体化するため、車体と台枠を川崎車輛で1958(昭和33)年〜1960(昭和35)年に製造された。

 台車と電気機器はモ1形とク50形から転用されており、車籍上は改造扱いとなっている。

 ただ、制御車は元の番号を受け継いでいるが、電動車は元の番号に20を加えたものになっている。

 吊り掛け駆動方式で、Mc-M-Tc編成であったが、123-153(31-32-59)はカルダン駆動方式で電動車2両がユニットとなっているM'c-M-Tc編成であった。

 これは、100形103編成(103-106)の機器を利用していたためで、100形103編成は旧50形51〜53の更新名目で車体を製造し、電動車は新性能試験車となっていた。

 そのため、31-32-59は届出上は51・52を電動車化して31・32に改番したことになっていて、53は59に改番したという形になっているそうである。

 その後、1965(昭和40)年〜1967(昭和42)年に台車と電気機器も新製品へ取り替えられている。

 1978(昭和53)年から1981(昭和56)年にかけて大牟田線20形は全編成とも宮地岳線に転入している。その際、21編成を除いて3両編成の中間電動車を除いて2両編成にし、台車も標準軌用から狭軌用に変更している。

 また、塗装も改められ、黄色(オキサイドイエロー)に赤(ボンレッド)帯となっている。

 この配色は、大牟田線2000形を模したものであると言われているが、関係ないという異説もあるらしい。

 この際に改番が行われ、21-22-61は121-122-161に、23-24-58は中間車を除いた上で23-58に、25-26-57は中間車を除いた上で125-157に、27-28-55は中間車を除いた上で127-155に、29-30-56は中間車を除いた上で129-156に、は中間車を除いた上で31-32-59は中間車を除いた上で310-360になっている。

 最初に転属した31編成のみは先に転属していた300形の308編成と309編成に続く310-360に改番になったが、その他は元の番号に100を加えた番号になっている。

 この際に余った中間車(24、26、28、30、32)は廃車となった。

 また、1980(昭和55)年から1981(昭和56)年にかけて121編成を除いてワンマン化された(121編成も後にワンマン化されている)。

 その後、1984(昭和59)年に車体長を基準に改番が行われており、121-122-161は121-131-151に、123-158は124-154に、125-157は122-152に、127-155は125-155に、129-156は126-156に、310-360は123-153に変更されている。

 1986(昭和61)年に東急5000系電車の廃車発生品である東急車輌製TS-301台車を利用してカルダン駆動化している(121編成と126編成を除く)。その際に前面に自動方向幕を設置している。

 車体が小さいのが理由で冷房化が困難であるとされ、600形転属と入れ替わる形で1987(昭和62)年〜1991(平成3)年に全車廃車された。

(1) 前期形(124F・125F・126F)


 1958年〜1959年に製造されたグループ。124-154(23-24-58)、125-155(27-28-55)、126-156(29-30-56)の3編成が該当する。

 車体長を改造元の1形・50形と同じ15mのままにしており、側面扉間の窓は両端がHゴム支持固定式の戸袋窓でその間の4枚が上段固定下段上昇窓となっており、合計6枚となっている。

在籍車両一覧

Mc M Tc
124 154
125 155
126 156

車両の略史

名前 製造 宮地岳線移籍 ワンマン化改造 改番 廃車
124F 124 1958(昭和33)年〜1959(昭和34)年
23
1978(昭和53)年〜1981(昭和56)年
123
1980(昭和55)年〜1981(昭和56)年 1984(昭和59)年
124
1987(昭和62)年〜1991(平成3)年
1958(昭和33)年〜1959(昭和34)年
24
-- -- --
154 1958(昭和33)年〜1959(昭和34)年
58
1978(昭和53)年〜1981(昭和56)年
158
1980(昭和55)年〜1981(昭和56)年 1984(昭和59)年
154
1987(昭和62)年〜1991(平成3)年
125F 125 1958(昭和33)年〜1959(昭和34)年
27
1978(昭和53)年〜1981(昭和56)年
127
1980(昭和55)年〜1981(昭和56)年 1984(昭和59)年
125
1987(昭和62)年〜1991(平成3)年
1958(昭和33)年〜1959(昭和34)年
28
-- -- --
155 1958(昭和33)年〜1959(昭和34)年
55
1978(昭和53)年〜1981(昭和56)年
155
1980(昭和55)年〜1981(昭和56)年 1984(昭和59)年
155(変わらず)
1987(昭和62)年〜1991(平成3)年
126F 126 1958(昭和33)年〜1959(昭和34)年
29
1978(昭和53)年〜1981(昭和56)年
129
1980(昭和55)年〜1981(昭和56)年 1984(昭和59)年
126
1987(昭和62)年〜1991(平成3)年
1958(昭和33)年〜1959(昭和34)年
30
-- -- --
156 1958(昭和33)年〜1959(昭和34)年
56
1978(昭和53)年〜1981(昭和56)年
156
1980(昭和55)年〜1981(昭和56)年 1984(昭和59)年
156(変わらず)
1987(昭和62)年〜1991(平成3)年

諸元

項目 Mc M Tc
車体 長さ 15m
mm
高さ mm
扉数(片側) 2扉(片開き)
定員(座席)
制御方式
モーター出力
ブレーキ方式
製造年 1958(昭和33)年〜1959(昭和34)年(川崎車輛)

(2) 後期形(121F・122F・123F)


 1959年〜1960年に製造されたグループ。121-131-151(21-22-61)、122-152(25-26-57)、123-153(31-32-59)の3編成が該当する。

 車体長は15mから16mに伸ばされ、側面の窓が1枚増えて7枚となっている。

在籍車両一覧

Mc M Tc
121 131 151
122 152
123 153

車両の略史

名前 製造 宮地岳線移籍 ワンマン化改造 改番 廃車
121F 121 1959(昭和34)年〜1960(昭和35)年
21
1978(昭和53)年〜1981(昭和56)年
121
1981(昭和56)年以降のいつか 1984(昭和59)年
121(変わらず)
1987(昭和62)年〜1991(平成3)年
131 1959(昭和34)年〜1960(昭和35)年
22
1978(昭和53)年〜1981(昭和56)年
122
1981(昭和56)年以降のいつか 1984(昭和59)年
131
1987(昭和62)年〜1991(平成3)年
151 1959(昭和34)年〜1960(昭和35)年
61
1978(昭和53)年〜1981(昭和56)年
161
1981(昭和56)年以降のいつか 1984(昭和59)年
151
1987(昭和62)年〜1991(平成3)年
122F 122 1959(昭和34)年〜1960(昭和35)年
25
1978(昭和53)年〜1981(昭和56)年
125
1980(昭和55)年〜1981(昭和56)年 1984(昭和59)年
122
1987(昭和62)年〜1991(平成3)年
1959(昭和34)年〜1960(昭和35)年
26
-- -- --
152 1959(昭和34)年〜1960(昭和35)年
57
1978(昭和53)年〜1981(昭和56)年
157
1980(昭和55)年〜1981(昭和56)年 1984(昭和59)年
152
1987(昭和62)年〜1991(平成3)年
123F 123 1959(昭和34)年〜1960(昭和35)年
31
1978(昭和53)年〜1981(昭和56)年
310
1980(昭和55)年〜1981(昭和56)年 1984(昭和59)年
123
1987(昭和62)年〜1991(平成3)年
1959(昭和34)年〜1960(昭和35)年
32
-- -- --
153 1959(昭和34)年〜1960(昭和35)年
59
1978(昭和53)年〜1981(昭和56)年
360
1980(昭和55)年〜1981(昭和56)年 1984(昭和59)年
153
1987(昭和62)年〜1991(平成3)年

諸元

項目 Mc M Tc
車体 長さ 16m
mm
高さ mm
扉数(片側) 2扉(片開き)
定員(座席)
制御方式
モーター出力
ブレーキ方式
製造年 1959(昭和34)年〜1960(昭和35)年(川崎車輛)

Xenos Project湾鉄調査部西鉄宮地岳線車両ひとつまえにもどる

inserted by FC2 system