Xenos Project湾鉄調査部西鉄宮地岳線車両ひとつまえにもどる


300形

300形

 現在、3両編成が1編成所属。

 大牟田線から1978(昭和53)年度に4両、1986(昭和61)年度に12両転籍。

 この車両は、宮地岳線に転属しなかった一部中間電動車を除いて片側3ヶ所の片開き扉である。

 大牟田線から転籍の際、外部色をオキサイドイエロー色にボンレッドの帯という配色に塗りなおし、ワンマン化、台車取替等を行い、車体更新や車両冷房化工事も行っている。

 形式は制御電動車(Mc)のモ300形301〜312、制御車(Tc)ク350形351〜362、中間電動車(M)のモ320形324〜327の3種類である。ただし、その後の改造によって形態が変わっていて、非常に分かりにくい。

 もともとは1948(昭和23)年製造で、製造元は近畿車輛・汽車製造・日本車輌・川崎車輛(現・川崎重工)の4社に渡っている。当時はあずき色を基調にしたツートンカラー。

 台車は、電動車がTR-22/FS-342型、付随車がTR-14/FS-342型。

 宮地岳線に転属することなく生涯を終えた編成は、301-351と302-352の編成と304-324-354、305-325-355の編成がある。

 前者は1939(昭和14)年に大牟田線全通時に製造され、急行用として使用された。戦後ロングシートに改造されたものの、302-352は1975年に、351は1977年に廃車された。301は電動貨車モワ811に改造された後、1995(平成7)年にモエ811と改め救援車に用途変更した。2002年に廃車。

 後者は、初代600系の中間車を利用して作られた中間電動車(M)の324と325を組み込んで304-324-354、305-325-355の3両編成になったが、1983年に廃車になった。先頭車が側面3扉なのに中間車だけ側面2扉ということでお好きな人には有名だったらしい。

 

(0) 運輸省規格形電車について

(1) 308グループ

 300形第3陣として造られたのが、300形308グループ(モ308〜312、ク358〜362)である。1948(昭和23)年10月(1949年説もある)にMcが汽車支店、Tcが日本車輌によって2両固定編成10編成が作られた。

 303グループ(元303〜307)と同様に側面3扉でロングシートになっている。

 このグループは車体長を伸ばしており、303グループが17mのところをMc車が18m、Tc車が18.3mになっている。出力もちょっと贅沢な115kw×4。

 この308グループは303グループのマイナーチェンジ版と位置づけられているようですが、制御システムも違い併結できなかったようです。

 後に宮地岳線に転入し、狭軌用台車(Mc=TR-22、Tc=TR-14)に交換。ワンマン運転対応化改造・車体更新・冷房化改造も行われている。

 308F(308-358)と309F(309-359)の2編成については、車体更新後も前面形状は貫通型のままになっている。

 一方、3両編成だった311F(310-311-361)については、車体更新後に前面形状が中桟入り1枚窓風の非貫通2枚窓になり、後に2両編成化によって両端の前面形状が異なるユニークなものになっている。

 以下、各編成について変遷を述べる。

在籍車両一覧

Mc M Tc
308 358
309 359
310 311 361

308F(308-358)

 1978(昭和53)年に旧型車両の置き換えのため他車に先駆けて宮地岳線に転属したグループである。1949(昭和24)年に製造されており、Mc車は汽車製造製で、Tc車が日本車輌製。

 1980(昭和55)年にワンマン運転開始に伴ってワンマン化を行った。1983(昭和58)年に車体更新を行い、側面のウインドシル/ヘッダーがなくなり、戸袋窓がHゴム化された。

 1987(昭和62)年に冷房化を行い、併せて冷房装置の設置、屋根の鋼板化、前照灯・尾灯の変更などの改造工事が実施して他編成と外観の統一が図られた。ただし、車体更新後も前面形状は貫通型のままで、他の編成に比べると製造時の面影を若干残している。

 600形2両編成が転入した2005(平成17)年に廃車となっている。

名前 製造 宮地岳線移籍 ワンマン化 車体更新 冷房化 廃車
308F 308 1948(昭和23)年10月(1949年説もある)(汽車製造) 1978(昭和53)年 1980(昭和55)年 1983(昭和58)年 1987年 2005年
358 1948(昭和23)年10月(1949年説もある)(日本車輌) 1978(昭和53)年 1980(昭和55)年 1984(昭和59)年 1987年 2005年

309F(309-359)


【その他の写真】(1)(2)(3)(4)(5)(6)(7)(8)

 1978(昭和53)年に旧型車両の置き換えのため他車に先駆けて宮地岳線に転属したグループである。1949(昭和24)年に製造されており、Mc車は汽車製造製で、Tc車が日本車輌製。

 1980(昭和55)年にワンマン運転開始に伴ってワンマン化を行った。1984(昭和59)年に車体更新(1983年説あり)を行い、側面のウインドシル/ヘッダーがなくなり、戸袋窓がHゴム化された。

 1987(昭和62)年に冷房化を行い、併せて冷房装置の設置、屋根の鋼板化、前照灯・尾灯の変更などの改造工事が実施して他編成と外観の統一が図られた。ただし、車体更新後も前面形状は貫通型のままで、他の編成に比べると製造時の面影を若干残している。

 2007年4月1日の部分廃止とともに廃車となっている。

名前 製造 宮地岳線移籍 ワンマン化 車体更新 冷房化 廃車
309F 309 1948(昭和23)年10月(1949年説もある)(汽車製造) 1978(昭和53)年 1980(昭和55)年 1983(昭和58)年 1987年 2007年4月1日
359 1948(昭和23)年10月(1949年説もある)(日本車輌) 1978(昭和53)年 1980(昭和55)年 1983(昭和58)年 1987年 2007年4月1日

311F(311-361)


【その他の写真】(1)(2)(3)

 311-361については、大牟田線で最後まで営業運転していた吊り掛け式電車らしい。

 元々はMc-TcのMc側にもう1両Mcをつなげる編成であり、編成的には304F(304-305-355)に類似している。

 もともとは311-361、312-362という編成だったようだが、1986年?に宮地岳線に転属する際に311-312-362という編成になり361を廃車にした上で番号を310-311(旧312)-361(旧362)に変更したらしい。311(旧312)の運転台はそのまま残されている。

 また、311(旧312)の貫通扉には305(旧310)同様大牟田線時代に使用されたと思われる行き先表示幕の窓がそのまま残されていた。

 閑散期には2両編成で運行できたらしいが、実際やっていたのかは不明。

 1987年?に冷房化している。

 その後、2000年に310が廃車になって311(旧312)-361(旧362)の固定編成になった。

 2007年4月1日の部分廃止の際に、3月19日から31日まで運行したラッピング電車となり、最終日には臨時最終電車にもなった。

 2007年4月1日に廃車となり、同5月に解体された。

名前 製造 宮地岳線移籍 ワンマン化 車体更新 冷房化 廃車
311F 310(初代311) 1948(昭和23)年10月(1949年説もある) 1986年?
310
1987年? 2000年
(初代361) 1948(昭和23)年10月(1949年説もある) -- -- -- -- 宮地岳線転入時
311(初代312) 1948(昭和23)年10月(1949年説もある) 1986年?
311
1987年? 2007年4月1日
361(初代362) 1948(昭和23)年10月(1949年説もある) 1986年?
361
1987年? 2007年4月1日

諸元

項目 Mc Tc
車体 長さ 18697mm 18997mm
2740mm
高さ 4100mm 4055mm
扉数(片側) 3扉
定員(座席) 120(46)名
制御方式 抵抗
モーター出力 100KW×4台
ブレーキ方式 空制
製造初年 昭和23年

(2) 303グループ

 300形第2陣として作られたのは300形303グループの5組10両(モ303〜307、ク353〜357)で、1948(昭和23)年6月に汽車支店によって作られた。戦後の混雑緩和のためのものであり、運輸省規格A'形と呼ばれるタイプである。

 ちなみに戦前に作られた301グループは当然運輸省規格A'形であろうはずがありません。制御システムも301グループとは違いますので併結できなかったそうです。

 ただ、301グループをベースに通勤型車両としてギア比を落として加速力をつけ、3扉でロングシートという形にしたそうです。

 このグループは、17m級で片側3ドア、McとTcが同じ形で半鋼製の丸屋根貫通式という一般的なタイプだった。出力は110kw×4。1961(昭和36)年には304〜307編成に旧600形の中間車だったモ320を組み込んで3両編成にしている。

在籍車両一覧

Mc M Tc
306 326 356
306 326 356
307 327 357

304F(304-305-355)


 元々はMc-TcのMc側にもう1両Mcをつなげる編成であり、編成的には311F(311-361)に類似している。

 1948(昭和23)年6月に汽車支店で製造。もともと303-353、310-360という編成だった。

 1980年代に大牟田線に5000形が入ったため、長期休車状態になっていたらしい。

 1986年に地下鉄2号線(現箱崎線)開通を機に宮地岳線に転属する際、303-310-360という編成になり353を廃車にした上で番号を304(旧303)-305(旧310)-355(旧360)に変更している。311F(311-361)と同様に中間車になった305(旧310)の運転台はそのまま残されていた。また、305(旧310)の貫通扉には311(旧312)同様大牟田線時代に使用されたと思われる行き先表示幕の窓がそのまま残されていた。

 閑散期には2両編成で運行できたらしいが、実際やっていたのかは不明。

 宮地岳線転属にあわせてワンマン運転対応化と車体更新が実施され、1987(昭和62)年12月に冷房化された。

 その後、宮地岳線の輸送量減少と共に2003(平成15)年に304(旧303)が廃車となって先ごろまで305-355として運用されていたようである。

 部分廃止直前の2007年の宮地岳線初詣のポスターにはこの編成(305)のイラストが使用された。

 2007(平成19)年4月1日に廃車され、4月中に解体された。

名前 製造 宮地岳線移籍 ワンマン化 車体更新 冷房化 廃車
304F 304 1948(昭和23)年6月(汽車支店)
303
1986年
304
1987(昭和62)年12月 2003(平成15)年
(353初代) 1948(昭和23)年6月(汽車支店)
353
-- 1986年
305 1948(昭和23)年6月(汽車支店)
310
1986年
305
1987(昭和62)年12月 2007(平成19)年4月1日
355 1948(昭和23)年6月(汽車支店)
360
1986年
355
1987(昭和62)年12月 2007(平成19)年4月1日
項目 Mc M Tc
車体 長さ 17697mm 18500mm 18997mm
2744mm 2740mm
高さ 4115mm 4100mm 4055mm
扉数(片側) 3扉
定員(座席) 118(42)名 118(46)名 118(45)名
制御方式 抵抗
モーター出力 100KW×4台
ブレーキ方式 空制
製造初年 昭和23年

306F(306-326-356)

 307F(307-327-357)とほぼ似た経緯をたどりながら、カルダン駆動改造をされていなかったために2003年の3両編成縮小の際に廃車された不幸な編成。

 2007年4月1日の部分廃止後、300形は主に朝夕のラッシュ時に充当されるようになり、3両編成の方が都合よくなったようだ。

 1948(昭和23)年に汽車製造で作られた306-356という編成であった。

 1961(昭和36)年に初代600形を先頭車(制御電動車)を1300形の制御車に改造した際、余った電装品を利用して製造した中間電動車326を組み込んで306-326-356となった。326は1961(昭和36)年の川崎車輌製。

 326は側面窓の上段をHゴム支持にした「バス窓」と呼ばれるものでウインドシル/ヘッダーもない。バス窓の電車というのは現在非常に珍しいらしい。

 長期休車状態ののち1986(昭和61)年に宮地岳線に転属し、その際に車体更新を行っている。2枚のガラスをつなげた大きな窓と広いおでこという300形の先頭部分は、この編成が始めて採用したものだそうです。

 1989(平成1)年に冷房化。

 2003年に3両編成縮小に伴って廃車。

名前 製造 宮地岳線移籍 ワンマン化 車体更新 冷房化 廃車
306F 306 1948(昭和23)年6月(汽車支店) 1986(昭和61)年 1989(平成1)年 2003年
326 1961(昭和36)年(川崎車輌) 1986(昭和61)年 1989(平成1)年 2003年
356 1948(昭和23)年6月(汽車支店) 1986(昭和61)年 1989(平成1)年 2003年
項目 Mc M Tc
車体 長さ 17697mm 18500mm 17697mm
2744mm 2740mm 2744mm
高さ 4130mm 4215mm 4105mm
扉数(片側) 3扉
定員(座席) 118(42)名 130(56)名 118(44)名
制御方式 抵抗
モーター出力 100KW×4台
ブレーキ方式 空制
製造初年 昭和23年

 西鉄の公式紹介ページには、304F(304-305-355)と共通の諸元が載っていましたが、経緯からして寸法は307F(307-327-357)と共通だと憶測し、そのように掲載しています。

307F(307-327-357)


【他の写真】(1)(2)(3)(4)

 306F(306-326-356)とほぼ似た経緯をたどりながら、カルダン駆動改造をされていたために2003年の3両編成縮小の難を逃れて部分廃止後も生き延びた幸運な編成。

 2007年4月1日の部分廃止後、300形は主に朝夕のラッシュ時に充当されるようになり、3両編成の方が都合よくなったようだ。

 1948(昭和23)年に汽車製造で作られた307-357という編成であった。

 1961(昭和36)年に初代600形を先頭車(制御電動車)を1300形の制御車に改造した際、余った電装品を利用して製造した中間電動車327を組み込んで307-327-357となった。327は1961(昭和36)年の川崎車輌製。

 327は写真を見ても分かるとおり側面窓の上段をHゴム支持にした「バス窓」と呼ばれるものでウインドシル/ヘッダーもない。バス窓の電車というのは現在非常に珍しいらしい。

 306-326-356編成は2003年に廃車したので、この珍しい車両はこの1両のみとなっている。

 長期休車状態ののち1986(昭和61)年に宮地岳線に転属している。転属の際にはワンマン化、台車振り替えのみ行った。

 1989(平成1)年に冷房化と車体更新が行われた。1993(平成5)年には台車を西武鉄道から購入したFS342形台車に交換し、カルダン駆動方式に改造された。

 現在では前述のとおり、朝夕のラッシュ時のみ運行されている。

名前 製造 宮地岳線移籍 ワンマン化 車体更新 冷房化 カルダン駆動化 廃車
307F 307 1948(昭和23)年(汽車製造) 1986年 1989(平成元)年 1993(平成5)年 2007年12月25日
327 1961(昭和36)年(川崎車輌) 1986年 1989(平成元)年 1993(平成5)年 2007年12月25日
357 1948(昭和23)年(汽車製造) 1986年 1989(平成元)年 1993(平成5)年 2007年12月25日
項目 Mc M Tc
車体 長さ 17697mm 18500mm 17697mm
2744mm 2740mm 2744mm
高さ 4130mm 4215mm 4105mm
扉数(片側) 3扉
定員(座席) 118(42)名 130(56)名 118(44)名
制御方式 抵抗
モーター出力 120KW×4台
ブレーキ方式 空制
製造初年 昭和23年

(3) (301グループ)

 宮地岳線に転属することなく生涯を終えたグループ。こちらは1939年の大牟田線全線開通時に製造された急行用車両で、側面2扉のクロスシートだったらしい。ただし、戦後ロングシートに改造されたのだそうです。

 301-351と302-352の編成がこのグループ。

 302-352は1975年に、351は1977年に廃車されたそうで、残る301は1979年に電動貨車に改造されてモワ811に、次いで1995年には救援車に用途変更されてモエ811に改められたそうですが2002年に廃車になったそうです。

(4) 313形

 313形参照。

 一応300形と通しの番号ですが、車体形状も台車もまったく違う。そのため、通常別系列とみなされている。


Xenos Project湾鉄調査部西鉄宮地岳線車両ひとつまえにもどる

inserted by FC2 system