Xenos Project湾鉄調査部西鉄宮地岳線車両ひとつまえにもどる


313形

313形

 現在2両編成が2編成4両所属。

 大牟田線から1977(昭和52)年度に4編成8両転籍。

 この車両は、片側3ヶ所の片開き扉である。

 大牟田線から転籍の際、外部色をオキサイドイエロー色にボンレッドの帯という配色に塗りなおし、台車取替等を行っている。

 その後、1980(昭和55)年にあわせてワンマン化が行われた。1984年からは順次車体更新が行われ、もともと側面2扉だったのを側面3扉に改造され、前面窓と戸袋窓がHゴム支持固定窓になり他の窓はアルミサッシ化された。1986年から冷房化改造が実施された。

 そして、1992(平成4)年に1編成を除いてカルダン駆動化している。

 もともとは1952(昭和27)年に近畿車輛で製造された313-363〜316-366の2両固定編成4本である。一応形式は制御電動車(Mc)のモ313形と制御車(Tc)のク363形、後にク363が改造された制御電動車のモ363形に分けられる。

 外見は当時製造されていた国鉄80系の影響を受けているとされ、当時は側面2扉であったという。

(1) 2両編成




【他の写真】(1)(2)

 1992(平成4)年と1993(平成5)年には、3編成の制御機と台車を取替え、Mc-Mcの6個モーターになっている。この際に使用した台車は西武鉄道701系の廃車によるもので、これによって従来の吊り掛け式(釣り掛け式)からカルダン駆動方式になった。

 

在籍車両一覧

Mc1 Mc2
313 363
315 365
316 366

車両の略史

名前 製造 宮地岳線移籍 ワンマン化改造 車体更新 冷房化 カルダン駆動化 廃車
313F 313 1952(昭和27)年(近畿車輛) 1977年 1984年から 1986年から 1992(平成4)年
363 1952(昭和27)年(近畿車輛) 1977年 1984年から 1986年から 1992(平成4)年
315F 315 1952(昭和27)年(近畿車輛) 1977年 1984年から 1986年から 1992(平成4)年
365 1952(昭和27)年(近畿車輛) 1977年 1984年から 1986年から 1992(平成4)年
316F 316 1952(昭和27)年(近畿車輛) 1977年 1984年から 1986年から 1992(平成4)年 2007年4月1日
366 1952(昭和27)年(近畿車輛) 1977年 1984年から 1986年から 1992(平成4)年 2007年4月1日

諸元

項目 Mc1 Mc2
車体 長さ 18697mm
2740mm
高さ 4130mm 4080mm
扉数(片側) 3扉
定員(座席) 130(46)名
制御方式 抵抗
モーター出力 120KW×4台 120KW×2台
ブレーキ方式 空制
製造初年 昭和27年

(2) 2両編成


 この形式は1992(平成4)年からの改造を受けていない。マニアにはうれしい「吊り掛け(釣り掛けとも書く)駆動方式の電車であるらしい。

在籍車両一覧

Mc Tc
314 364

車両の略史

名前 製造 宮地岳線移籍 ワンマン化改造 車体更新 冷房化 廃車
314F 314 1952(昭和27)年(近畿車輛) 1977年 1984年から 1986年から 2007年4月1日
364 1952(昭和27)年(近畿車輛) 1977年 1984年から 1986年から 2007年4月1日

諸元

項目 Mc Tc
車体 長さ 18697mm
2740mm
高さ 4105mm 4055mm
扉数(片側) 3扉
定員(座席) 130(46)名
制御方式 抵抗
モーター出力 120KW×4台
ブレーキ方式 空制
製造初年 昭和27年

Xenos Project湾鉄調査部西鉄宮地岳線車両ひとつまえにもどる

inserted by FC2 system