Xenos Project湾鉄調査部西鉄宮地岳線宮地岳線写真集ひとつまえにもどる


2005年5月2日

 この連休は宮地岳線三昧でした。

 まずは生まれて始めて貝塚駅から津屋崎駅まで全線を通しで乗ってみます。

 まず、地下鉄で貝塚駅まで行きました。地下鉄の線路は地下鉄の駅を抜けて西鉄の駅の方まで延びています。

 でも人間は、一度改札口を出て再度改札口を通って西鉄のホームへと行かなければなりません。

 西鉄側のホームに着いて先ほど延びていた線路の先を見ると、そのまま切れてしまっています。

 ちなみに地下鉄貝塚駅は自動改札。西鉄貝塚駅は有人改札です。どっちも切符は裏が茶色いんですがねぇ・・・。

 ホームには300形の305-355編成がいましたが、三苫駅行きですのでやり過ごします。

 待っていると津屋崎駅行きの300形の309-359編成が来ました。

 貝塚駅ホームの先には小さな踏切がありますが、ここから乗務員の方がやってきます。恐らく詰所があるのでしょう。

 分かりにくいですが、右写真の手前に傘が置いているのが見えます。恐らく乗務員さん専用の傘置き場なんでしょうね。

 309号の車内です。扇風機もあってなかなか懐かしい雰囲気です。

 ついでに運転席も撮りました。子どもの頃、これを動かしている運転士さんを眺めていたものでした。

 途中600形とすれ違いました。

 千早(旧名香野)駅に到着です。どう考えてもいずれは延長してやろうという野望を秘めたホームです。

 すれ違う313形がやってきました。出発です。

 高架工事のため仮駅になっている香椎宮前駅に着いたので駅名標を撮ろうと人が切れてからシャッターを押したら、ドアが閉まってしまいました。

 いきなり西鉄古賀駅です。駅の横には空地があり、大きな木が生えています。その向こうは産婦人科の愛和病院

 この駅の周辺には病院が数軒あり、電車で通う人も少なくありません。

 花見駅を経て西鉄福間駅に到着。

 ホームには水産高校のプランターが置いてありました。

 宮地岳駅到着。大部分のお客さんが降りてしまいました。

 そしてやっと津屋崎駅に到着です。当然ながらもうこの先には線路はありません。

 この駅舎も小さくて可愛いです。来た方向を振り返ると、ちょうど曇っていたので永遠に続く直線の線路のようで寂寥感があります。

 その線路を電車は去っていきました。

 なぜか宮地岳線の駅前には白いポストがあることが多い気がします。津屋崎駅前には紅白のポストが並んでいました。後ろは西日本シティ銀行のATMです。

 津屋崎駅の改札口です。ホームには明かりがともっていて、その下には発車のベルが見えます。

 駅内部にはポイントの操作盤らしきものがあり、奥には社員の方がいるようですが通常パートのおばさんが駅務をしているようです。

 この駅の広告看板は古賀市の病院ばかりです。

 駅の横の道路ができる前までは、もう少し先(と言っても50m程度でしょうが)まで電車が走っていたそうです。

 最新鋭の600形616-666編成が来たので乗り込みます。

 ま、最新鋭と言っても昭和41年生まれのようですが・・・(^_^;)

 さすがに夕方から都心に向かう人も少ないようで、車内は閑散としています。

リンク


Xenos Project湾鉄調査部西鉄宮地岳線宮地岳線写真集ひとつまえにもどる

inserted by FC2 system