Xenos Project湾鉄調査部西鉄宮地岳線宮地岳線写真集ひとつまえにもどる


2006年6月25日

 この日は貝塚駅近くの多々良車庫(多々良工場)を見た後西鉄福間駅から宮地岳駅を往復しました。

 

 貝塚駅から国道3号線に出て、貝塚病院の先の歩道橋から多々良車庫・工場を覗きます。ところが朝のラッシュ時にぶつかっているのか電車は1両も見当たりません。

 と思ったら、JR貨物の貨物列車が横を通ったのでちょっとラッキー。

 僕はまだ国鉄時代の長い長い貨物列車の記憶がある世代なので、貨物列車には何となく郷愁を感じてしまいます。


 気を取り直して近くの団地の階段から多々良車庫を眺めてみます。向こうをJR九州の電車が通っていきます。

 ま、何度見ても電車はいないわけですが(^_^;)

 その代わり、名島駅の方を見ると、313形が名島橋を渡ろうとしているのが見えました。


 多々良車庫の裏口(?)から多々良車庫を覗いてみます。工場の方に600形がいるのが見えました。洗車でもしているんでしょうか?

 しばらく待っていると、300形311-361編成が通っていきました。

 花見駅西鉄福間駅の間にある花見松原に行きました。

 ちょうど女性が子どもを抱いて通りかかった313形315-365編成電車を見ていた所でした。よく見ると電車の中からも子どもが外を見ていますね。

 近くの刈目川には小さな鉄橋が架かっています。

 先ほどの女性と子どもがいた踏み切りに行ってみます。花見駅方面を見るとマンションが見えます。JR千鳥駅近辺です。

 あの辺りは近年住宅開発が進んだのですが、宮地岳線は全速力でスルーしています。

 西鉄福間駅方面には松林と住宅地が見えます。この辺りもずいぶん開発が進みました。

 この辺りは保安林なので看板がありました。「保安林 福岡県知事」と書かれていて、「木竹の伐採や損傷、土砂や樹根の採掘等は知事の許可がいります。」「許可を要する行為を無断で行うと森林法により処罰されます」と警告しています。

 しばらく待っていると300形がやってきました。12分おきに電車が来るということは、こうして待っていると6分おきにシャッターチャンスがあるということです。

 ありがたいことなのですが、それだけ沢山の電車を走らせる必要があったんでしょうかねぇ・・・。

 さて、先ほどの踏切を越えて松林に入って海に行こうとしました。ところが道が複雑で海にたどり着けません。

 こういうどこに行くかわけの分からない道にも遮断機があり、警報機があるのです。安全すぎるほど安全です。

 ふと枕木をみると、西鉄の社章がついていました。「MI」とあるのは「みやじだけ」の頭文字でしょうか?

 松林を後にして西鉄福間駅方面に行くと西郷川手前の踏切で300形に追い越されました。

 宮地岳駅に行くと300形309-359編成がいました。

 ちなみに宮地岳駅から宮地嶽神社方面に行った所にあるのは「宮司駅前」交差点です。

 ここで心を入れ替えて、週に1区間は宮地岳線に乗るために西鉄福間駅に戻りました。駅そばに車を停めて宮地岳駅まで往復するためです。

 西鉄福間駅では300形309-359編成が戻ってきたところでした。

 しばらくして600形619-669編成がやってきてすれ違いをしました。

 西鉄福間駅前には商店街があります。このあたりは西鉄が開発した住宅地で、比較的整った街並みです。

 駅前の酒屋さんの自動販売機には、宮地岳線の存続を求める会が出した請願が市議会で採択されるので傍聴するように呼びかけるチラシが貼っていました。

 西鉄福間駅にある掲示板には宮地岳線の存続を求める会の乗車運動のチラシが貼られていました。ちゃんと西鉄の承認印が押されています。

 ホームに出ると、福岡厚生年金スポーツセンター(ウェルサンピア福岡)への近道の案内看板がありました。子どもの頃はここのプールによく行ったものです。

 トイレは雨漏りしているそうで、注意書きがありました。



 西鉄福間駅の様子です。

 しばらくして600形604-654編成が来たので乗り込みます。

 電車には扇風機がついていました。窓には沿線のイベントカレンダーが貼られています。

 宮地岳駅に着きました。

 ホームは以前2本の線路に面していたのですが、今では1本取り払われています。ホームの形がそれっぽいですね。


 宮地岳駅近くの田んぼの中を走る宮地岳線です。

 近くの民家には花が咲いていました。


 また田んぼの中を走る宮地岳線です。

 宮地岳駅近くの路上には、西鉄の社章の鋲が打たれています。赤い塗料が真新しいですが、廃止に備えてのものでしょう。

 まあ、この土地は旧津屋崎町から寄付されたものらしいですが。

 駅の横のトイレは花に囲まれていました。

 宮地岳駅前の掲示板にも存続を求める会のイベントのチラシが貼られていました。

 宮地岳駅の時刻表です。


 しばらくして600形608-609-659編成がやってきました。3両編成です。


 宮地岳駅のホームです。

 僕は知りませんでしたが、ホームにある鏡は古賀市に九州工場がある峰製作所で作っているようです。


 当然ながら600形608-609-659編成が戻ってきました。西鉄福間駅に戻ります。


 西鉄福間駅で宮地岳線の存続を求める会の会長さんと落ち合いました。

 駅で会長さんを待っていると、300形307-327-357編成がやってきました。

 どうでもいいですがまた3両編成です。赤字というお話ではなかったのでしょうか??

 西鉄福間駅です。海抜6.9mだそうな。

 300形311-361編成が来ました。先ほどの300形307-327-357編成が戻ってきてすれ違います。


 先ほどの駅前の酒屋さんと宮地岳線の存続を求める会の会長さんがお知り合いということで、雨のため仕舞っていた手製の宮地岳線存続看板を出すように頼んでくださいました。

 帰りに再度貝塚駅近くの多々良車庫を見に行きました。今度は電車が停まっていました。

リンク


Xenos Project湾鉄調査部西鉄宮地岳線宮地岳線写真集ひとつまえにもどる

inserted by FC2 system