Xenos Project湾鉄調査部西鉄宮地岳線宮地岳線の駅西鉄宮地岳線ひとつまえにもどる


貝塚駅

貝塚(かいづか)

概要


【その他の写真】歩道橋から見る多々良車庫1団地から見る多々良車庫1団地から見る多々良車庫2団地から見る多々良車庫3歩道橋から見る多々良車庫2団地から見る多々良車庫4多々良車庫裏口(?)工場前の600形
所在地 福岡県福岡市東区箱崎7丁目
構造 島式1面2線ホーム・橋上駅
中央の2・3番線を西鉄が、外側の1・4番線を地下鉄が使用
平均乗降客数 14737人(平成15年度1日平均)
16636人(平成12年度1日平均?)
17188人(平成12年度1日平均)
15543人(平成14年度1日平均)
13906人(平成16年度1日平均)
沿革 1935年1月1日、農科裏として開業。
1950(昭和25)年4月20日、西鉄多々良駅に改称。
1954年1月1日、競輪場前駅に改称(?)。
1954年3月5日、それまで途中駅だったが、貝塚(市内電車)線が乗り入れる宮地岳線の終点になる。
1957年8月20日、貝塚駅に改称?
1962年11月1日、貝塚駅に改称。
1969年1月1日、箱崎松原との間に九大中門開業。
1979年2月10日に貝塚線廃止。
1985年に改築。
1986年11月12日に地下鉄と接続。
1998年1月14日に福岡市長と西鉄社長が会談し、地下鉄との相互直通乗り入れについて意見を交わす。

紹介

 地下鉄やバスとの連絡駅。一本のホームを半分に分割し、直通できないようになっている(写真参照)。駅の管理は、西鉄側が行っている。

 地下鉄を降りた乗客は、ホームの北側にある自動改札機を通過して、そのまままっすぐ歩いた後、宮地岳線の有人改札を通過する。

 地下鉄と宮地岳線は乗り継ぎのタイミングが合わないので有名だが、宮地岳線は単線なのでなかなかタイミングを合わせたダイヤが組めないようだ。

 九州大学・貝塚公園へは当駅下車。

 構内に車庫や工場があり、改築前は昔の車両も見られたが、今はもう見られない。

 駅到着時には、多々良中学出身で香椎高校出身の財津和夫さんが率いるチューリップ(和白出身のメンバーもいたらしいが、リーダー以外の入れ替わりが激しく特定は困難(^_^;))による楽曲「心の旅」のオルゴール曲が流れる。

リンク

隣接駅

かいづか
貝塚
Kaizuka
箱崎九大前
Hakozakikyudaimae
(廃)はこざきまつばら
Hakozakimatubara
なじま
Najima

通学情報

九州大学(徒歩1分)
駐輪場あり(無料)

乗り換え情報

福岡市交通局(地下鉄)貝塚駅(徒歩0分・時刻表)
西鉄バス貝塚駅(徒歩0分)
西鉄バス貝塚(徒歩3分)
()

名所・旧跡

貝塚公園(徒歩1分)

Xenos Project湾鉄調査部西鉄宮地岳線宮地岳線の駅西鉄宮地岳線ひとつまえにもどる

inserted by FC2 system